かぐらスキー場

上越国境の素晴らしい眺望を楽しみながら滑るスキーパラダイス。かぐらエリアは標高が高く、11月の下旬から5月下旬まで滑走でき、雪質も12月下旬から3月上旬はほとんど毎日がパウダースノーが楽める♪


「パノラマコース」

田代湖に向かって滑り降りる感じがする中斜面がGood♪

 

(2016.1月撮影)

「かぐらメインゲレンデ」

Max27°Ave16°距離も幅もあるので滑りやすい中級コース

(2016.1月撮影)

「テクニカルコース」

Max29°Ave20°の上級者コース。

中央部分にモーグルのラインが3本くっきり見えてました

 

(2016.1月撮影)

 

<かぐらエリア>から<田代エリア>へ連絡コースで移動してみた♪

「田代第8ロマンスリフト」の降り場付近

 

(2016.1月撮影)

「ダイナミックコース」

Max27°Ave14°コース幅が3分割されている感じ

向かって左側:非圧雪、中央:モーグル、右側:圧雪

 

(2016.1月撮影)

「スカイラインコース」

(2016.12月撮影)

事前に「冬スポ!!」(公式サイト→CLICK)で早割リフト券をGETしておいたので、

リフト1日券\4700のところ2人分で\6500♪

<'15,3月末> 関東ではサクラ開花宣言が出たというのになんと吹雪でした・・・。でも、遭難者が出るくらい「新雪Powder Snow好き」が集まるようなスキー場なので、確かに雪質は素晴らしかったです!

かぐらメインゲレンデ('15.3月撮影)

<'16.12月末> 「12月始めから大寒波が来るなんて久しぶり〜♪」と例年よりちょっと早くシーズンin。
まだまだシーズン始め。関東から日帰り圏内で、天然雪で雪質が良くて、全面滑走可能!のスキー場となると考える事はみんな同じらしく、しかも世間は3連休。

朝9時過ぎで1200台駐車可能な「みつまたステーション」は既に満車!15分ほど先の「田代ステーション」に行くように言われ、行った先では駐車場待ちの大渋滞!!800台駐車可能なこちらも満車寸前でなんとか入れた感じ。リフト券売り場もロープウェイ待ちも大行列で、やっと滑り始めたのが11:00ちょっと前。リフト待ちも場所に寄っては結構待った。田代エリアからかぐらエリアまで連絡コースを使って行ってみたものの、かぐらエリアはゲレンデも混雑!サッサと退散して田代エリアでのんびり滑った。

特に大変だったのがレストランでPM1:00の段階でも席が全く空いてなかった。中国人の団体客が多くていろんな場面でマナーの悪さが気になったりもしたけど、前夜から大量に降った新雪のおかげでシーズン初滑りとしては文句ない雪質で滑れたので満足。連休の真ん中だったので泊まり客が多いようで往復の関越道が渋滞していなかったのも良かった。

 

★ランチ情報★

お食事処 和田小屋

もつ煮定食(\1200) ソースカツ丼(\1300)
平日でもちょうど昼時に行くと混雑必至の店なので、かなり早めの11:00過ぎに入店したらすんなり入れた♪11:30前頃から人が増えてきて徐々に席が埋まり、12:00には空席は無くなっていた。 (座敷席あり)

 

かぐらゴンドラの山頂駅にある「レストランかぐら」
ミートソーススパゲティ(\1000) チキンカレー(\1000)

 

田代エリアにある「レストラン アリエスカ」

イタリアンシチューランチ(\1300)

レディースランチ(\1100)

 

 

★立ち寄り温泉★ 

湯沢エリアのスキー場の帰りは「越後湯沢温泉外湯めぐり」(公式サイト→CLICK)が便利。

 街道の湯 

道の駅「みつまた」に隣接する温泉。雄大な自然を眺めながら入れる露天風呂と岩造りのお風呂には、ゆったり30人ほどが入浴できる。スキーやトレッキングのあとに気軽に立ち寄れて疲れもすっきり。人気の共同温泉浴場。 露天風呂あり。

大人500円

 

 駒子の湯 

小説「雪国」のヒロイン駒子にちなんで名前が付けられたとても風情のある温泉。15人ほど入れる湯船と仕切りが付いた洗い場がある人気の浴場。館内には「雪国」展示コーナーもあり、小さいながら休憩室用の広間もある。

大人500円

 宿場の湯 

国道17号線の山あいの宿場「二居宿」にある施設充実の温泉。苗場と三俣の間にあり、穴場的な施設。混雑を避けてゆったりと過ごしたい方におススメ。湯めぐり施設内で唯一サウナがあります。

露天風呂が閉鎖中だったのが残念だが、洗い場と休憩室が広かった。

大人600円

スキーのページ